【衝撃】AfterShokzで音楽体験が変わった話【音漏れもなし】

2021/5/10

こんにちは、シンヤです!
今回は【衝撃】AfterShokzで音楽体験が変わった話【音漏れもなし】を解説いたします。


まず「AfterShokz」とは何か?

これは耳からではなく「音を頭蓋骨に直接伝えるヘッドフォン」です。
今話題の「骨伝導ヘッドフォン」というやつですね。

頭蓋骨に直接と言葉だけ聞くと、少し怖いと思うかもしれません。
しかし何の問題もありません。

元々は耳が悪い人向けに開発された技術らしいです。
要するに医療器具で使われている技術を、一般のイヤホン・ヘッドフォンに流用したという事です。

こちらの商品ですね。
私が買った2年前はマイクがなかったのですが、今はマイクがついているのですね。

という事は、今の製品なら通話も問題なくできそうです😊
マイクがないと、どうしても会話が聞こえづらいので、通話時には私は使っていません。

私はAfterShokzのヘッドフォンを、2年ぐらい愛用しています。
それほど使いやすくて便利な製品の一つです。

私がAfterShokzが他のイヤホン・ヘッドフォンと優れていると思う点は、主に以下の4つです。

  1. 周囲の音を聴きながら音楽が楽しめる
  2. 耳栓をすれば、周囲の音を遮断して音を楽しめる
  3. 耳が蒸れる事なく音楽が楽しめる
  4. 2年間の保証がある

になります。
これから詳しく解説いたします。


1. 周囲の音を聴きながら音楽が楽しめる

まずこれが「骨伝導ヘッドフォン」を買いたかった一番の理由です。
耳を塞がないので、周囲の音を聴きながら音楽が楽しめます。

という事はつまり、耳をふさいた状態だとまずい時でも、音楽が楽しめるという事です。
例を挙げると以下になります。

  • 車でドライブ中
  • バイクでツーリング中
  • 自転車で運転中

などなどです。
要するに「運転中でも音楽が楽しめる」という事ですね。

耳が不自由な人でも、音楽が楽しめる

副次的な効果かもしれませんが、耳が不自由な人でも音楽が楽しめます。
元々「耳が不自由な人向けに作った技術」を転用しているのだから、当たり前かもしれません。

私は聴覚は正常なので、耳が不自由な人の気持ちはわかりません。
ですがこれがあれば、音楽が楽しめるので日常に活気が出るのではないでしょうか?

耳が不自由な人とも、会話ができる

私の祖父は耳が不自由です。
故にこの商品で、スマートフォンを通せば会話がしやすいと思いました。

同じように考える人もいらっしゃると思います。
そう考えると、この商品の可能性は無限大に広がっていきます。


2. 耳栓をすれば、周囲の音を遮断して音を楽しめる

とはいえ「周囲の環境音がうるさい時どうするか?」気になる人もいると思います。
その気持ちはわかります。

しかし、安心してください。
この製品だけではないですが、骨伝導ヘッドフォンは耳栓をすれば環境音を遮断できます。

という事はつまり、普通のヘッドフォンと遜色なく使うこともできるということです。
ちなみに付属でイヤホンがついてきます。

使用する耳栓は付属品のものでなくても構いません。
「耳を塞ぐ事ができる」のであれば、どんな製品でも構いません。

実際私は付属品の耳栓を無くしてしまいました。
なので今は、無印良品で買った耳栓を使用しています😅


3. 耳が蒸れる事なく音楽が楽しめる

長時間イヤホンで音楽を聴くと、どうしても耳が蒸れます。
AfterShokzなら耳を塞がないので、蒸れる心配はありません。

「耳が蒸れてくる」は個人的には重視している点です。
散歩が趣味なので、長時間歩いていて耳が蒸れるのは嫌ですからね。


4. 2年間の保証がある

これには個人的に大変お世話になりました!
というのも、使い始めて1.5年で壊れてしまったからです。

ずっと使い続けていたせいか、いつしかBluetoothが勝手に切れるようになりました。
最初はiPhoneの故障かと思いました。

もし保証がなかったら、新しい骨伝導ヘッドフォンを買わないといけないところでした。
大変助かりました😊

個人的な体験談と感想はさておき、以下から購入できるAfterShokzなら2年間の製品保証があります。

保証があるかないかでいえば、ある方がいいに決まっています。
実際私も、この保証に助けられました😊

お値段は結構高いけど、安くて壊れやすい製品を買うより、高いけど保証付きで何年も使える製品を買う方が、個人的にはおすすめです。


音漏れはしないのか?

結論から言うと、極端に大きい音を出さない限り音漏れはしません。
ですが、大きい音を出せば当然「音漏れ」します。

使ってみるとわかりますが、大きい音を出しすぎると鼓膜が振動します。
その感覚が気持ち悪いので、恐らく極端に大きい音を出す人は少ないと思います。

使うシーンに合わせて音量を変えれば、全く音漏れしません。
森や公園などでは「静かな音」で、車などの騒音が激しいところでは「大きい音」で使えば良いと思います😊


どんな時に使うのがおすすめか

  • 車でドライブ中
  • バイクでツーリング中
  • 散歩中
  • 自転車を運転中
  • 仕事中

などなどで使うのが、私個人的にはおすすめをしております。
実際私も上記の状況で利用しております。


音楽体験が変わる製品

そう言っても過言ではないと私は思います。
実際私は、この製品を使う前の音楽環境には戻れません。

周囲の状況が分からないと言う事は「危険かどうかも分からない」と言う事です。
その為自転車などに乗る際は、イヤホンやヘッドフォンはつけられません。

ですが私は結構わがままな正確なので・・・

  • 通勤中にも使えて
  • 運転中にも使える

そんなイヤホン・ヘッドフォンを求めていました。
その結果行き着いたのが、この「骨伝導ヘッドフォン」と言う感じです。

この「周囲の環境音を聴きながら音楽を楽しめる」という体験は、全人類にしてほしい。
それぐらい私はこの製品に惚れ込んでしまいました。

先日壊れて保証を使い新品に取り替えてもらいました。
ですが保証が切れて製品が壊れても、必ず同じ製品を買います。


まとめ

  • 「AfterShokz」は人生の音楽体験を変えてしまうほどの製品
  • 具体的には「骨伝導」を使って音を届けるもの
  • 周囲の環境音を聞きながら、音楽が楽しめる
  • 耳栓をすれば、普通のヘッドフォンと同じように使える
  • 2年間の製品保証がある
  • 基本的に音漏れはしない

今回は以上になります。